Platanus 3.5S が オーディオ専門誌において、賞を受賞いたしました


 音元出版 <analog>
      analog Grand Prix 2019  アナロググランプリ 開発特別大賞 

 誠文堂新光社 <MJ無線と実験>
      MJテクノロジー・オブ・ザイヤー 2018  アナログ機器部門賞 入賞

 

Platanus 3.5S MC Phono Cartridge

 

2.0S譲りの高剛性思想をさらに進化させたMC型フォノカートリッジ

 

躍動感のある中低域、伸びやかな高域。
バランス良く音楽的な再生を、
2.0Sの開発で得られた知見を基に実現しました。

フォノカートリッジは筐体やカンチレバーの材質によって変化があることはよく知られていますが、3.5Sのアルミニウム合金製削り出し一体型ボディーは内部の切削量を必要最小限にとどめ、さらにブラス製スタビライザーを圧入することで十分な剛性を確保しました。このブラス製スタビライザーの重量、形態、位置など、長時間に渡るヒアリングの結果決定し、3.5Sが完成しました。

様々なトーンアームに対応できるようボディーの軽量化を図りながら、2.0Sと同様PLATANUS独自の高剛性磁気回路を搭載し、一方で2.0Sとは異なるアプローチでボロン製カンチレバーとラインコンタクトスタイラスを組み合わせています。使いやすさとコストを抑えながらも、力強くありながらも、明瞭で精緻な再生を可能にしています。


 結果として、完成したPlatanus 3.5Sは幅広いシステムに対応した、プラタナスの新しいベーシックモデルとして完成いたしました。プラタナスが目指す生々しく躍動する音や自然な音色、演奏家の感情が素直に感じられ、アナログレコードが持つ楽しく、そして豊かな音楽の世界を奏でてくれるはずです。

   

Platanus メーカーサイト