Welcome to Well Tempered Lab.

 ウェルテンパード・ラボは、長年航空関係の研究に携わってきた物理学者であったウィリアム・ファイアバーの革新的な設計デザインのアナログ・プレーヤー・システムを紹介しています。
 あなたのアナログレコードのコレクションを最大限に楽しむことを念頭に置いて、設計されています。
ウェルテンパードのユニークなデザインは、一見とてもシンプルで単純に見えるかもしれません。しかし、この形に辿り着くまでに我々のアプローチは、様々な分野での研究と考察を重ね、数え切れないほどの時間を費やしてきました。

 いわゆる古典的な考えに基づくトーンアームベアリングの設計では解決できない根本的な問題を、我々は全く異次元のコンセプトでこの問題を解決しました。 レコードに刻まれた音楽信号を最大限に引き出すため、プレーヤーシステムにおいて、トーンアームはカートリッジが混変調歪を起こして音を濁すことのないように実効質量が軽量で、機械的な不安定性で引き起こされる歪を取り除くために、最適のダンピングをすることが重要です。この結論の結果、多くの軽量トーンアームが開発されましたが、ダンピングの問題はあまり取り組まれてきませんでした。この問題を無視するもっともな理由があって、ダンピングは実行するのが簡単でなく、トーンアーム・デザインへの新しいアプローチを必要とするからです。
 ウェルテンパードのトーンアームは一般的な意味でのベアリングを持っていません。構造は共振を排除した特別なアームチューブが取り付けられたゴルフボールがモノフィラメントで吊り下げられており、このゴルフボールがオイルカップに入った高粘度シリコーンオイルに部分的に浸されている唯一無比な独自なものです。ゴルフボールは非常に正確に作られていて、不要な共振がなくパーツとして十分に適合しています。

 ウェルテンパードのスピンドル・ベアリングも独自のユニークな構造です。スピンドルの周りの穴は、テフロン製の三角形の穴で、三角形の一角がモーターに向けられています。丸いスピンドルがこの上部のテフロンベアリングの面二点と底軸受け一点の三点で接触するゼロクリアランスとなり、非常に高度な回転安定性を持ったテフロン・スラスト・ベアリングとなり、ベアリングノイズは可能な限り抑えています。

 新たな製品を開発するにあたって、様々なタイプの百種類以上ものベルトやストリングを試し、極細Φ0.004inchのポリエステル・ストリングを採用しました。
 アクリルプラッターの回転は、この大変独創的なゼロクリアランス・ベアリングと極細Φ0.004inchのポリエステル・ストリング・ドライブと相まって、ほとんど無視できるほど低いワウ・フラッターの数値を実現しました。

 様々な独創的なアプローチと物理学のノウハウ、そして納得できるアナログ・プレーヤーを作りたいというウィリアム・ファイアーバーの情熱が創りだした、画期的なアナログ・プレーヤー・システムです。